高血圧について

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
人の血圧は、刻一刻と変化しており、朝緊張しているときやストレスがかかっているときなどは高くなっていますし、夜リラックスしているときには低くなっています。
一度血圧を測って高かったからといって、すぐに高血圧とは判断出来ません。その後に基準値内に下がれば、高血圧ではありません。血圧の高い状態が続いて、心臓や脳などのお体に故障を来す病気を高血圧と呼びます。高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧といわれます。

高血圧は放っておくと常に血管に刺激がかかって、動脈が傷みやすくなります。それと同時に心臓は血液を高い圧力で送り出しているので、心臓が多くのエネルギーを必要とし疲れやすくなります。
その結果、心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

腎臓にも負担がかかります

腎臓も動脈硬化の影響を大きく受ける臓器です。
腎臓は、血液の中から不要な老廃物や有害物質を濾過して取り出し、それを尿とともに体外に排出するはたらきを担っている臓器です。そのため腎臓は、毛細血管のかたまりのようになっています。ですから、動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなると、腎臓の働きも落ちてしまいます。

高血圧の原因

高血圧の原因は遺伝や肥満、耐糖能異常(糖尿病予備群)、ストレス、喫煙、塩分の多い食事、飲酒習慣などが挙げられます。これらの原因が多い方ほど、高血圧になりやすいといえます。
両親がそろって高血圧の場合、その子どもが高血圧になる確率は約50%、片親だけが高血圧の場合にその子どもが高血圧になる確率は30%前後というデータもあります。

高血圧の治療

まず行うべきは、上記のような高血圧の原因を知って、その上で適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなどの生活改善を心がけることです。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りしっかり飲むことも大切です。

一度薬を飲み始めると、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば、量を減らしたり、やめたりすることも可能です。

クリニック概要

JR巣鴨駅より徒歩7分の内科・循環器内科野田 さくらハートクリニック  

住所
〒170-0003
東京都豊島区駒込4-15-19
最寄駅
JR・都営三田線「巣鴨駅」から徒歩7分
JR・南北線「駒込駅」から徒歩10分
電話
03-3915-5500
FAX
03-3915-5506
診療時間
日祝
7:30 ~ 12:30 - -
15:00 ~ 19:00 - -

休診日:水曜午前・土曜午後・日曜・祝日

ACCESSMAP

アクセスマップ